オランダ国旗

Jos のオランダ講座

オランダ:

Koninkrijk der Nederlanden

これが正式名称。
Nederland、Holland も良く使われます。

正式な英語表記は Kingdom of the Netherlands で、The Netherlands、Hollandと書かれることもあります。

日本語での正式名称はオランダ王国、通称はオランダです。

Nerderland は、「低い土地」、「低地の国」という意味。Hollandと呼ばれるのは、建国以来、今の北ホランド州、 南ホランド州が中心となっていたため。

上の地図のように12の州から成り立っています。
州の名称は以下です。

Groningen

フロニンゲン

薄い黄色(北東の端)

Friesland

フリスラント

黄色(Groningen の西側)

Drenthe

ドレンテ

緑色(Groningen の南)

Overijssel

オファーアイセル

茶色(Drente の南

Flevoland

フレボラント

紫色(Overijssel の西側)

Noord-Holland

ノールトホラント

茶色(Flevoland の西側)

Gelderland

ヘルダーラント

黄緑色(Overijssel の南)

Utrecht

ウトレヒト

ピンク色(Gelderland の西側)

Zuid-Holland

ザウトホラント

黄色(Utrecht の西側)

Zeeland

ゼーラント

薄い黄色(南西の端)

Noord-Brabant

ノールトブラバント

緑色(南の真ん中)

Limburg

リンブルフ

薄い黄色(南東の端)


広さは九州と同じぐらいしかない小さな国ですが、地方によって様々な違い、魅力があります。こんな小さな国なのにそれぞれの地方で異なった方言があるのも一つの魅力です。
  
気候については、比較的気温は低めだけど過ごしやすいと言えます。夏は涼しく、爽やかで、冬は寒いです。でも、最近は地球温暖化の影響なのか、暑さ、 寒さのバラツキがとても大きいです。真夏でも35℃ぐらいまであがる時もあれば、15℃くらいの時もあります。反対に真冬は、マイナス30℃という時もあ れば、5〜6℃という時もあります。 異常気象なのでしょうか?  
また北の方と南の方では気温に10度ぐらい差があることがあります。北の端から南の端まで高々400kmぐらいしか離れていないのですが、結構気候が違っ てなかなか面白いです。
 
皆さんは、「オランダ」という国からどんなことを思い浮かべるでしょうか? 海抜より低い土地がたくさんある国、風車や木靴の国、 チューリップやいろいろな花の国、比較的移民を受け入れる国、飾り窓があるように性におおらかな国。どれも正しいですね。 さらに最近では、ワークシェアリング、ドラッグ、安楽死などもオランダを語る時のキーワードとなっています。

日本との関係も深い(深かった)国。鎖国が行われていた江戸時代に交流があった数少ない国の一つ。当時の日本人は オランダからたくさんのことを学びました。西暦2000年には交流400年記念行事があちこちで開催されました。

でも、いいことばかりではなく、あまり知られていない暗い過去もあります。第二次世界大戦中は、植民地だった今の インドネシアで、日本軍と戦争をしています。年配の人の中には反日感情を持った人もいます。

20年以上前に初めてオランダに来た時、空港近くの機上から見た、赤レンガの同じような家が整然と並んだ風景、忘れられま せん。 それから空港に降り立ち、宿泊地まで車で行く途中の高速道路から見た、あたり一面牧草と牛だけの風景、いまだに 忘れられません。随分田舎の国に来たなあ、とその時は思いました。

でも、赤レンガの同じような家が整然並んでいる風景は今でも変わりませんが、高速道路沿いの風景はこの20年でものすごく 変わりました。様々なオフィスビルが立ち並んいてで、昔の面影はありません。昔はトウモロコシ畑だったところもどんどん 開発されています。

そして車もきれいになりました。20年前は車検が無かったのでそれこそボロボロの車が走っていました。高速道路で立ち 往生している車も良く見かけたものです。今は車もきれいになったし、高速道路で止まっている車にもほとんど出会うことが ありません。経済の発展には目を見張るものがあります。

いろいろな魅力溢れるオランダ、皆さんもオランダの魅力に触れてみませんか?

Nederlands Dutch オランダ語

オランダとベルギーのオランダ語圏、そして昔の植民地だった所を入れてもおそらく世界に2000万人 程度しかオランダ語を話す人はいないでしょう。世界の総人口を60億人とするとたかだか0.3%、 チョーマイナーな言語(?)といえますね。そんなマイナーな言語を学んでどうするの、なんて思う方も いるかもしれません。

しかもオランダ人は語学の天才。子供たちは学校で英語は言うに及ばず、ドイツ語、フランス語は 誰でも学び、中にはスペイン語、ポルトガル語やギリシア語、ラテン語までも学ぶ人もいます。 そしてオランダではおそらく9割以上のオランダ人が英語を話します。ですからオランダでは英語さえ できれば生活に困ることはほとんどありません。オランダ語を学ぼうという意欲は先ずそこで挫けて しまいます。

なんだみんな英語でことが足りるではないか、英語さえできればなんとかなるな、しかもその英語 だってこちらよりはるかに上手いじゃない!オランダ語より英語をもっと鍛えないと奴等とまともな 議論も出来ないな! …となってオランダ語学習のモチベーションが下がってしまうのです。

テレビではベルギー、イギリス、フランス、ドイツ、イタリア、トルコなどの放送局の番組も見ることができ、 またオランダの放送局は全て言語で放送、字幕付き、ですから、皆小さいときから外国語に触れているのでしょう。 小さい頃から耳で覚えれば、上達は早いですよね。

そして、もう一つのモチベーションが下がってしまう原因として、オランダ語の発音の難しさがあります。 英語の場合でもそうですが、日本人はLとRの区別がつかないですね、日本語には無い発音なので難しい です。テレビドラマ「大草原の小さな家」に出てくる女性 Laura 、英語読みをカタカナで書いた場合は 「ローラ」になりますが、オランダ語では「ラウラ」。カタカナで書くとどちらが L でどちらが R なのか全く判らないですよね。日本人の中には Raura と書いたり、Laula と書いたりする人もいます。 人の名前を正確に書かないのはちょっと失礼だと思います。ちなみに私の名前 Jos はカタカナで書くと 「ヨス」になります。アメリカ人の友人は「ジョス」と発音しましたけど、オランダでは「ヨス」 になります。Jos は結構一般的な名前で、男性がほとんどですが、まれに女性にも使われます。

特に” G ”の発音が難しい。よほど練習しないとうまくできないです。Jos もまだまだうまくできず、オランダ語を話しているつもりでもなかなか理解されない時があります。モチベーションが下がってしまう瞬間ですね。

こんなオランダ語ですから、習得するのに苦労しています。オランダに住んで10年以上になるのに未だに きちんとした会話ができません。今までは上のような言い訳をしてきましたが、今年は言い訳はもうやめようと決めました。 一緒にオランダ語を学びませんか?メルマガ発行しています。先ずは登録してみてください。

ご参考までに オランダ語基礎講座の目次 を載せておきます。

基礎講座1

基礎講座2

基礎講座3

1.人称代名詞
2.冠詞
3.名詞、複数形
4.指示代名詞
5.動詞 (現在形)
6.助動詞 (現在形)
7.形容詞
8.文の構成・語順
9.数字
10.時刻の言い方

1.疑問詞
2.比較
3.動詞 (過去形)
4.動詞 (過去分詞)
5.動詞 (完了形)
6.動詞 (受動態)
7.再帰動詞
8.関係代名詞
9.綴り

1.分離動詞
2.命令形
3.動詞 (未来形)
4.丁寧な言い方
5.niet en geen
6.er の使い方
7.接続詞
8.前置詞


ページトップに戻る




オランダ基本情報:


公用語: オランダ語。Friesland では、フリースと呼ばれているフリジア語も公用語。
女王: Beatrix Wilhelmina Armgard;1938年1月31日生
面積: 41,526km2
人口: 16,318,199人(2004年の統計)
時差: GMT+1、3月末の日曜日から10月末の日曜日までは夏時間。
通貨: ユーロ (EUR)。1ユーロセント、2ユーロセントという硬貨もありますが、郵便局など
一部を除き使用できません。5ユーロセント単位に切り上げ、切り下げられて
しまいます。
物価: 日本と同じ程度、食品などの生活必需品は安い、車などの贅沢?品は高い。
電源電圧: 220v/50Hz、コンセントはドイツ、フランスなどと共通。
最高地点: 標高322m、de Vaalserberg in Zuid-Limburg のすぐ近く
最低地点: 海面下6.74m、Nieuwerkerk aan de Ijssel の近く。
国土の約25%は標高0m以下。


その他情報:


生活、暮らし: オランダの家は少ない太陽光を取り入れやすく設計されているためなのか、窓が大きいです。通りに面した窓も大きく、皆カーテンを開けているので、 居間が丸見え。どこの家の居間もきれいにしています。始めてオランダに来た頃はちょっと馴染めなかったけど、今では他の家と同じように居間をきれいにし、 外から見えるようにしています。

食生活: 朝食、昼食はパン。夕食は、ジャガイモに肉(まれに魚、カソリックだと金曜は肉以外のもの)にサラダ、もしくはパスタなど。 日本の食卓に比べると、基本的にはとても質素です。
会社での昼食は、自分でサンドイッチを作って持ってくる人が多いです。 その量も半端ではありません。10時の休憩時に何枚か食べ、昼に食べ、3時にまで食べる人もいます。体が大きくなるのも分かる気が・・・。

教育: 新年度は8月の終わりか、9月初めに始まります。4歳になった日から、Basisschool の Groep1 に入ることができます。Basisschool はGroep8 まで。 Basisschool から落第があります。そしてGroup8 の1月か2月にCito-Toets と呼ばれる全国統一試験が行われ、その結果で、もちろん本人や親の希望 も含めて、大きく3つのコースに分けられます。なかなか厳しいです。でも、一人一人の個性に合わせた教育、個人の能力を伸ばそうとする教育が行わ れています。日本に比べて、子供たちものびのびと育っているように思います。

文化、スポーツ: 何と言っても一番人気のあるスポーツは、voetbal、つまりサッカーです。町のあちこちにきれいな芝生のグランドがたくさんあります。一体何部リーグ まであるのでしょうか?とにかくその底辺は広いです。あとは、乗馬なんかも女の子に人気があります。日本だとお金持ちの人がやるスポーツというイメージでした が、オランダでは庶民のスポーツですね。娘が乗馬キャンプに参加しましたが、7歳ぐらいから14歳ぐらいの子、30人の中で男の子はたった一人でした。

年中行事: Nieuwjaar
(Drie Koningen)
Goede Vrijdag
Pasen
2de Paasdag
Koningsdag
Bevrijdingsdag
Hemelvaartsdag
Pinksterdag
2de Pinksterdag
Kerstmis
2de Kerstdag

仕事: 一日8時間、週40時間労働が普通ですが、週32時間とか週10時間程度までいろいろなケースがあります。高校生でも学校の無い土曜日と週に一度の koopavond のみ、つまり週に数時間働いている子がいます。日本のようなアルバイトではなく、正社員としてです。すなわち会社が健康保険などの負担をするものです。管理職で さえも週4日勤務というケースがあります。仕事中心ではなく、家族や自分の趣味のために使う時間が沢山あって、収入もそこそこあるという生活、豊かな社会だと 思います。



ページトップに戻る





※当サイトはリンクフリーです。
| Site Policy | Contact | ©2005-2012  Jos NLJP-partners All rights reserved          
        since July 2005          




inserted by FC2 system